2017 主要私立大学 入試日程カレンダー
入試日程カレンダーの使い方
▽「大学別 受験スケジュール」アイコンの見方

 出願締切日・手続き締切日
  • 出願締切日(郵送)が「必着」か「消印有効」かは、大学により異なる。
  • 出願締切日(窓口)の、土曜・日曜の扱い、窓口取扱時間は、大学により異なる。
  • 入学時納入金の納入が二段階の場合、手続き締切日は、一次入学手続きの締切日を表示。
   
 試験日・合格発表日
  • 試験日自由選択制を導入している場合は、選択できるすべての試験日を表示。
  • 試験日が2日間・3日間にわたって実施される場合には、すべての試験日を表示。
  • 1次試験合格者に対して2次試験が行われる場合、2次試験の試験日は試験科目欄に表示。この場合、合格発表日は、2次試験の合格発表日を表示。
  • 大学入試センター試験利用方式で、個別試験日を実施する場合には、その試験日も表示。
   
 試験科目・試験科目数の表記について
 この「入試日程カレンダー」では、試験科目を以下のように表記しています。
  1. 外国語……「英語」限定か他の外国語も選択可能かは、大学により異なる。「英語」の場合、リスニング等を含むかどうかは表記していない。
    • 外国語①……「英語外部試験」で一定以上の級・レベル・ スコアの獲得が、出願条件であることを示す。
    • 外国語②……「英語外部試験」で一定以上の級・レベル・スコア の獲得者は、英語の試験が免除または換算されることを示す。
    • 外国語③……「英語外部試験」で獲得した級・レベル・ス コアに応じて、英語の得点に加算されることを示す。
    • 外国語④……「英語外部試験」の成績が、合否判定の際に 考慮・優遇されることを示す。
  2. 国語………出題範囲にかかわらず、1教科1科目として扱う。出題範囲に古文・漢文を含むかどうかは表記していない。
  3. 地歴………「日本史」「世界史」「地理」のすべてが選択できる場合には「地歴」と表記。「日本史A」「世界史A」「地理A」の選択の可否は、大学により異なる。
  4. 公民………「現代社会(現社)」「倫理」「政治・経済(政経)」「倫理、政治・経済」のすべてが選択できる場合には「公民」と表記。
  5. 数学………出題範囲にかかわらず、1教科1科目として扱う。出題範囲は表記していない。「工業」「商業」「情報」については、必須の場合のみ表記。
  6. 理科………「物理」「化学」「生物」「地学」のすべてが選択できる場合には「理科」と表記。「物理基礎」「科学基礎」「生物基礎」「地学基礎」については、必須の場合のみ表記。
 各大学の試験科目の詳細については、必ず募集要項などで確認してください。
   
 その他
  • 「3科目受験し、高得点の2科目で合否判定」の場合は、3科目入試として扱う。
  • 「小論文」「作文」「実技」「面接」は、試験科目数にカウントしない。
  • 試験科目の洗濯方法によって、試験科目数が異なってくる場合もある。
  • 「1科目で受験できる学部・学科」には、学科試験を課さない学部・学科も含む。
  • 「論文有り」「面接有り」には、選択科目に「小論文(作文)」が含まれるものや、2次試験に「面接」が課される場合も含む。
IMAGE IMAGE
【項目の説明】
:人文科学系
:社会科学系
:理・工・理工系
:農・獣医・生命科学系
:医・歯・薬学系
:看護・医療技術系
:家政・生活科学系
:芸術・体育系
:教育・教員養成系
:センター試験利用方式
:センター試験併用方式
:1教科で受験できる学部学科
:2教科で受験できる学部学科
:学部、学群、学科の新設、名称変更の計画がある大学
:推薦入試を実施している大学
:AO方式を実施している大学
:地方試験会場を設置している大学
:試験日自由選択制を実施している大学
:全学部統一試験を実施している大学
:外国語を必須としない
:論文あり
:面接あり
:検定料・受験料の割引を実施している大学
:インターネット出願を実施している大学
:英語外部試験を利用する選抜
   

閉じる